サーヴァント オブ スローンズ(サヴァスロ)

【サヴァスロ攻略】「スロノトルニア(JCG)」5thシーズン Vol.3の大会環境を考察。注目カードやデッキを中心にポイントを絞って解説!

『サーヴァント オブ スローンズ(SERVANT of THRONES)』にて定期的に開催されている大会「スロノトルニア(JCG)」の環境をライター視点で考察!今回は、5thシーズン Vol.3の大会環境についてポイントを絞って解説します。

2018/12/13 18:00

「スロノトルニア(JCG)」5thシーズン Vol.3の大会環境を考察!

『サーヴァント オブ スローンズ(SERVANT of THRONES)』にて、公式大会「スロノトルニア(JCG)」が定期的に開催されています。
今回も、そんな「スロノトルニア(JCG)」の大会環境について、ライター個人による見解と考察をお届け!

5thシーズン Vol.3の大会環境についてポイントを絞って解説しますので、ぜひご覧ください。
目次
「5thシーズン Vol.3」振り返り
退呪の神光が活躍
9Sが自陣防衛で役立つ
川付近のハルフゥが脅威に
「5thシーズン Vol.3」注目のデッキ
注目デッキ1
注目デッキ2
注目デッキ3
注目デッキ4
「5thシーズン Vol.3」大会動画
今後の環境について

「5thシーズン Vol.3」振り返り

退呪の神光が活躍

退呪の神光はリニューアルアップデートを機に効果が強化され、防御力が30%アップするようになりました。“スペルで倒されるかどうか”や、“◯回攻撃されたら処理される”などの計算を狂わせることができるので、進軍時に使用することで、非常に効果的な役割を担っていました。

9Sが自陣防衛で役立つ

アカズキンヘルといった攻城使い魔が高い確率で採用される現環境において、使い魔の動きを完全に止める9Sが活躍。轟雷でも処理されず、リニューアルアップデート後からは動きを止めるまでの時間が短くなったので非常に高い防衛力を発揮するようになっています。

川付近のハルフゥが脅威に

水中に潜り一方的に敵使い魔を攻撃できるハルフゥの採用率が上昇。毎秒ダメージが上がり、より迅速な処理が可能となっています。
また、これまでは、轟雷で簡単に処理される使い魔でしたが、強化された退呪の神光を使用すれば轟雷で処理されず、水中からの攻撃を続けることができるようになりました。

「5thシーズン Vol.3」注目のデッキ

注目デッキ1

ギガスを中心に、他の使い魔と共に進軍していくデッキ。川付近での戦闘が多くなることを見越してハルフゥが編成されているほか、スペルを撃たれる前にまとまっている使い魔達に退呪の神光を使用することで、高い耐久力を持った集団を形成し攻め上がっていました。

注目デッキ2

祝福の塔が採用された“轟雷枯渇”デッキ。純粋な範囲攻撃持ちの使い魔はいませんが、アイス・マンドレイクヘルのスキルや、轟雷破滅の炎柱といったスペルを使って群使い魔に対抗し、見事に侵攻していました。ただし、トーナメントレベルだと、風魔小太郎衝波で処理されてしまうので、採用されているデッキにはやや苦戦をする点は否めません。

注目デッキ3

メリオダス骸の闇術式を中心に攻めるデッキ。リニューアルアップデート後より強化された衝波を採用し、「デッキ2」のような風魔小太郎を交えた“轟雷枯渇”デッキとは戦いやすいです。攻めのカードのコストが重めですが、平均は3.6マナなので回転がよく、テンポの良い攻めを展開していました。

注目デッキ4

どの環境でもよく見られる“高回転アカズキン”デッキですが、これまであまり採用されなかった9Sが編成されています。平均マナが2.9と非常に低いのが特徴で、防衛からのカウンターはほぼ確実にダメージを通す素早い展開が非常に光りました。

また、磁撃の塔は稼働時間が減り採用率が下がった印象でしたが、十二分な性能を発揮し、9S共々防衛の要として活躍していたように思います。

「5thシーズン Vol.3」大会動画

「5thシーズン Vol.3」の模様は、Youtubeのタイムシフトで視聴できます。
ササさんの実況、飛鳥☆さんの解説で、上級者の方々の熱い戦いを振り返りましょう!

今後の環境について

5thシーズン Vol.3では、新しいロードということで「ジル」の採用がやや多めな印象でした。また、リニューアルアップデート後初の大会だったため、これまであまり見られなかったカードを採用したデッキが多かったようにも思います。

当然、これまで活躍していたカードも多く採用されていたので、よりデッキのバリエーションが増えたのは間違いなく、今後は一味もふた味も違った環境が形成されていきそうです。

次回の「5thシーズンファイナル 海王杯」は新環境がより研究され、今回よりも洗練されたデッキが登場するかと思います。年内最後の大会となるので、大会に参加される方は周りのライバル達に負けないよう新環境をしっかり研究し、2018年を有終の美で飾れるよう全力で大会に臨みましょう。

最新記事

記事をもっと見る
現在、新規投稿の受付は停止しております
タイトル サーヴァント オブ スローンズ
(Servant of Thrones)
ジャンル リアルタイムカードバトル
対応OS iOS / Android
対応端末 iOS / Android
※一部端末を除きます
価格 無料(アイテム課金型)
公式サイト