サーヴァント オブ スローンズ(サヴァスロ)

【サヴァスロ攻略】8月29日(水)にバランス調整されるカードをチェック!今後の運用や予想されるおすすめコンボも紹介。

『サーヴァント オブ スローンズ(SERVANT of THRONES)』にて、8月29日(水)に4枚のカードを対象としたバランス調整が実施されます。今回は、バランス調整の詳細な内容はもちろん、今後の運用や予想されるおすすめコンボも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

2018/08/27 17:00

バランス調整されるカードの詳細をチェック!

『サーヴァント オブ スローンズ(SERVANT of THRONES)』にて、8月29日(水)に一部カードのバランス調整が行われます。
そこで今回は、バランス調整が実施されるカードの変更内容の詳細を紹介!
他にも、予想されるおすすめな組み合わせ(コンボ)も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。
目次
バランス調整されるカードの性能
おすすめな組み合わせ(コンボ)
まとめ

バランス調整されるカードの性能

下記カードのバランスが調整されます。それぞれが持つ特性はそのままに性能が変更されるので、しっかりチェックしてレートバトルや大会などに臨みましょう。
カード調整内容調整数値
暴風・効果範囲を下方調整・効果範囲7.2→5.5
ソエル・HP上方修正・HP430→546
紅蓮弐式・敵の使い魔を掴むまでの時間を短縮調整-
ガウェイン・攻撃範囲を縮小調整-

暴風は効果範囲の縮小で防衛力が大幅にダウンか

暴風の、“広範囲の敵を1ヶ所にまとめて足止めする”といった基本性能はそのまま。しかし、今回のバランス調整で効果範囲が狭くなることで、離れた使い魔が1ヶ所にまとまらない配置にできるかもしれないので、巻き込める使い魔の数には影響がありそうです。

また、この調整の影響次第では、これまで暴風によって本拠地付近まで引き寄せられる(本拠地起動)と処理がしやすかったアカズキンや、引き離されて砦までたどり着けないこともあったペルセポネのようなアタックカードの使用率がさらに伸びるかもしれません。

ソエルは使用・遭遇機会が激増する!?

ソエルはHPが大幅に上昇し、トーナメントレベルで比較した場合、4コストのジャンヌ・ダルクよりも高い耐久度になります。特殊能力の有無に差はありますが、攻撃面ではもともとソエルが優れているので、イメージとしては“特殊能力がない代わりに攻撃性能の上がった3マナのジャンヌ・ダルクといったところでしょう。
また、防衛でよく使用されるトリシューラと比べても遜色ない性能なので、防衛力は随一とみて良さそうです。

なお、ソエルはフィートの専用カードですが、同じタイミングでフィートのロードスペルにも上方修正があります。このことも合わせて考えると、これまで以上にソエルが使用される機会は増えそうですね。

紅蓮弐式は攻城使い魔に対する防衛力がアップ!

紅蓮弐式は、掴んだ相手の移動を止めつつ攻撃するといった特徴から攻城使い魔に対する防衛役として活躍してきましたが、完全に相手の攻撃を防ぐにはタイミングと位置が非常にシビアでした。しかし、今回の上方修正により、敵を掴むまでの一連の動作の時間が短くなるので、シビアだったタイミングと位置には少し余裕ができるでしょう。

また、砦への攻撃に関しても、“あと少しで一撃与えられたのに”といったものが通るようになるかもしれません。

ガウェインは攻撃の届く長さが減少!

ガウェインの攻撃は縦広範囲の敵使い魔を巻き込むといったものですが、今回の修正で攻撃の届く長さが減少します。これにより、縦に並んだ敵使い魔へ同時にダメージを与えられない場面も出てくるので、壁使い魔+長距離攻撃の使い魔のような縦の陣形が崩しづらくなるでしょう。他にも、ソロモンと悪魔、使い魔と砦といった組み合わせに関しても同じことが言えそうですね。

なお、横の攻撃範囲には変更がないので、その点に関してはこれまでの感覚と同じで問題ないでしょう。

おすすめな組み合わせ(コンボ)

暴風+ガウェイン

暴風ガウェインの組み合わせはすでに広く知られているセット。必ずセットで使用されていたわけではありませんが、これからはガウェインの攻撃範囲が減少するので、暴風と一緒に利用した方がガウェインの良さは活かせそうです。

ただし、前述したとおり、この2枚は今回のバランス調整で両方とも下方修正されるカードとなっています。これまでより少し決まりづらいコンボとなるので、使用感次第で採用を考えましょう。

ソエル+アリス/ハーフナイトメア

コンボとまでは言えないかもしれませんが、低コストで防衛力に優れたソエルアリス/ハーフナイトメアの組み合わせ。地上の敵使い魔限定ではありますが、この2枚があれば、コストを抑えつつ群れと単体の対応ができます。
また、そのあとの進軍に関しても相手は対応の選択が限られるので、うまくいけばそのまま砦に大きなダメージを与えることもできそうです。

なお、アリス/ハーフナイトメアは、近日中に復刻開催される「SINoALICE -シノアリス-」コラボでゲットできます。コラボ開催中しか入手できないカードなので、入手したい方はお見逃しなく!

紅蓮弐式+雷系スペル

紅蓮弐式は、一瞬攻撃を止めるだけで大ダメージを与えるか否かが決まる使い魔です。その一瞬の時間を稼ぐのに最も適しているのが雷系のスペルです。

相性の悪いアンドロメダエリザベスも、雷系のスペルで攻撃間隔を遅らせて紅蓮弐式が攻撃を受けないタイミングを作れば一撃で倒せます。
他にも、“HPは残りわずかだけど砦にあと一撃ダメージを与えたい”といったときに雷系のスペルで砦を麻痺させれば、処理される前に大ダメージを与えることができます。

なお、これらは、相手が攻撃するときに麻痺させる必要があるのでタイミングがシビアですが、バランス調整前でも可能なコンボでした。今後は掴むまでの時間が短くなることで、より決まりやすくなる可能性があります。

まとめ

今回バランス調整されるカードは、上方修正2枚(ソエル紅蓮弐式)と下方修正が2枚(暴風ガウェイン)となっています。
中でも、使用率1位のガウェインがどういった使用感になるかによって環境が左右される可能性が高いので、バランス調整実施後の動向には注目したいところです。

他にも、自分や対戦相手がよく使用するカードはもちろん、これまであまり見かけなかったカードもしっかり性能を把握して、準備を怠らずにレートバトルや大会に参加しましょう。

最新記事

記事をもっと見る

ログインしてデッキを作成しよう

SoT PORTALではユーザーからのデッキ投稿を募集しています。Twitterアカウントでログインすると、デッキ投稿など様々な機能を利用できるようになります。

アカウント情報はユーザー認証に使用し自動で投稿されることはありません。
タイトル サーヴァント オブ スローンズ
(Servant of Thrones)
ジャンル リアルタイムカードバトル
対応OS iOS / Android
対応端末 iOS / Android
※一部端末を除きます
価格 無料(アイテム課金型)
公式サイト