サーヴァント オブ スローンズ(サヴァスロ)

【サヴァスロ攻略】「七つの大罪 戒めの復活」コラボカードの性能を解説。バランス調整されるカードもピックアップして紹介!

『サーヴァント オブ スローンズ(SERVANT of THRONES)』にて、8月1日(水)より開催される「七つの大罪 戒めの復活」コラボカードの性能を紹介!さらに、同日にバランス調整されるカードもピックアップして紹介します。

2018/07/30 12:05
※本記事はSoT PORTAL編集部の独自の見解であり、『サーヴァント オブ スローンズ(SERVANT of THRONES)』開発チームの公式見解をお伝えしているものではありません。

「七つの大罪」コラボ直前!各キャラの性能を紹介!

『サーヴァント オブ スローンズ(SERVANT of THRONES)』にて、8月1日(水)より「七つの大罪 戒めの復活」とのコラボイベントが開催されます。

そこで今回は、期間限定コラボカードの
メリオダス完璧なる立方体(マーリン)エリザベスホークの性能や予想される運用方法などを解説!
さらに、8月1日(水)にバランス調整されるカードの中から一部をピックアップして紹介しますので、今後のゲーム環境が気になる方はぜひ合わせてチェックしてくださいね。
目次
「七つの大罪」コラボカードの性能
メリオダス
完璧なる立方体(マーリン)
エリザベス
ホーク
バランス調整されるカードの性能
バランス調整が実施されるカード一覧
ニドデッキに大きな影響か
HPに調整入るカードは5枚
コスト減少カード2枚は使い勝手がアップ
まとめ

「七つの大罪」コラボカードの性能

【メリオダス】死亡後に「魔神化」で性能が変化する変わり種の使い魔!

メリオダスの性能
メリオダスは1回処理された後に特殊能力「魔神化」を発動する変わり種の使い魔。召喚してから1度処理されるまでは近接単体攻撃の使い魔ですが、「魔神化」を発動した後は近接範囲攻撃の空中使い魔になります。
詳細や使い魔のタイプとしては異なりますが、特殊能力のイメージとしてはカイムの「アンヘル騎乗」に近いものがあるでしょう。

通常状態のメリオダスワーライオン並のステータスしか持ちませんが、「魔神化」を発動すると、HP以外のステータスが軒並み伸びるので、非常に強力な使い魔に変貌します。
メリオダスの予想される運用方法
メリオダスは特殊能力「魔神化」を発動してからが強力なので、召喚する際は主に砦や本拠地の防衛として役立てるのが良いでしょう。その後処理されてしまっても、群れ使い魔なら一掃可能な上に、空中に攻撃できない使い魔に対しては一方的に攻撃できます。

ただし、高い攻撃力とHPを持つ使い魔の処理には向かなそうなので、バハムートガウェインのような使い魔の処理を狙う際の召喚は控えた方が良いでしょう。

【完璧なる立方体(マーリン)】使い魔を召喚できるスペルカード!3秒間無敵のバリアを纏って召喚!

完璧なる立方体(マーリン)の性能
完璧なる立方体は、使い魔(マーリン)を召喚するスペルカード。スペルカードなのでブラウニー召喚術のように、どこにでも召喚可能です。
また、召喚されたマーリンはバリアを纏っており、3秒間ダメージや効果を一切受けず、行動もしません。バリアが解けた後は、空中への対応も可能な単体攻撃の地上使い魔として行動します。
なお、この手のスペルカードとしては、使い魔が配置されるまでの時間が0.5秒と短い点も魅力です。
完璧なる立方体(マーリン)の予想される運用方法
完璧なる立方体(マーリン)はスペルカードという特性を生かした運用が予想されます。わかりやすいものでは、進軍の際、砦からの攻撃を受けて、他の味方使い魔が攻撃されないようにすることが挙げられます。3秒間行動できませんが無敵なので、マーリンがターゲットになっている間に、他の味方使い魔で一気に攻め込めるでしょう。

他にも、防衛時に召喚することで自身がターゲットになれば、バトルを通した砦への総ダメージ量を減らせそうですね。

【エリザベス】低コストで使いやすい単体攻撃版のアンドロメダ!

エリザベスの性能
エリザベスは、空中も対応可能な単体攻撃を繰り出す地上使い魔。攻撃にはアンドロメダのような気絶効果があり、敵の動きを一瞬止めることができます。
アンドロメダとの主な違いは、範囲攻撃ではなく単体攻撃なこと、コストが3であること、召喚時の気絶効果はないことが挙げられます。
エリザベスの予想される運用方法
前述したように、エリザベスの性能は、アンドロメダのコストが低くなり単体攻撃になったイメージで良いでしょう。そのため、運用方法もかなり似通ったものになることが予想されます。

ただし、範囲攻撃ではないため、群れ使い魔に弱い点には注意が必要。代わりにアンドロメダより与ダメージ量は上なので、気絶攻撃によりアドバンテージを失ってしまう ラグナロク紅蓮弐式プルートーといった使い魔をすばやく処理できそうです。

【ホーク】地上の敵使い魔を弾き飛ばす!低コストでパワフルな使い魔!

ホークの性能
ホークは地上の敵に単体攻撃を仕掛ける地上使い魔。特殊能力の「衝撃」により、攻撃が当たった敵を弾き飛ばす(ノックバックする)ことができます。
この特殊能力により、低コストでありながら、アカズキントリシューラなど、相手のアタッカーとなるような使い魔の進軍を遅らせるのに非常に役立ちそうです。
ホークの予想される運用方法
ホークはHPやダメージ量が多くないので、特殊能力を活かした防衛をメインに運用すると良いでしょう。
また、敵を弾き飛ばすことによる遠距離使い魔との組み合わせが非常に良さそうな点も魅力で、上手くいけば、ホークで敵使い魔を弾き飛ばしつつ、敵の射程外から遠距離攻撃を一方的に浴びせるといったこともできそうです。

逆に、敵を掴んでから攻撃する紅蓮弐式とは特に相性が悪そうです。せっかく掴んだ敵でも弾き飛ばしてしまう可能性が高いので、デッキ編成や召喚の際には注意しましょう。

バランス調整されるカードの性能

8月1日(水)に、下記カードのバランスが調整されます。それぞれが持つ特性はそのままに性能が変更されるので、しっかりチェックしてレートバトルや大会などに臨みましょう。

バランス調整が実施されるカード一覧

カード調整内容調整数値
ニド・付与した突撃能力が発動するまでの時間を延長
・HP減少
・突撃までの時間1.5秒→2.3秒
・HP771→675
ファイアドラゴン・HP減少・HP1275→1140
疾風・移動速度上昇の割合が減少・移動速度230%上昇→200%上昇
レナス・コスト減少
・ダメージ減少
・ニーベルン・ヴァレスティの槍がタワーにも当たるように変更
・コスト6→5
・ダメージ153→129
※ニーベルン・ヴァレスティのダメージに変更はありません。
フェニックス・HP増加・HP296→331
ストリガ・HP増加・HP317→350
獄炎・コスト減少
・毎秒ダメージ増加
・効果時間減少
・縦範囲減少
・コスト6→コスト5
・ダメージ104→116
・拠点ダメージ36→41
・効果時間4秒→3秒
・縦の範囲10→8
ポセイドン・HP増加・HP349→385
※調整数値に記載されているのはLv.1の数値です。

ニドデッキに大きな影響か

ニドは特殊能力「紅蓮の突撃令」に調整が入ります。これまでと比べ、突撃が付与されてから発動するまでの時間が延長されるため、「紅蓮の突撃令」の速攻性能は落ちるでしょう。
また、1度突撃が解除されると再発動までの時間もかかるため、上手く止められる可能性も高くなりそうです。

ニドデッキを使っていた方はもちろん、そうでない方も、これまで得た感覚とは異なるタイミングで突撃が発動することになるので、改めてタイミングを掴むことを意識しましょう。

HPに調整入るカードは5枚

HPが調整される使い魔カードは5枚。
そのうち、ニドファイアドラゴンは減少、フェニックスストリガポセイドンは増加します。

HPが減少する使い魔は、HP以外の長所も魅力なので、活躍度に違いはあれど採用率が極端に下がることはなさそうです。
HPが上がる使い魔に関しては、短所の1つが解消される可能性が高いので、これまでよりデッキに採用される機会が多くなるかもしれませんね。

コスト減少カード2枚は使い勝手がアップ

コストが減少するカードはレナス獄炎の2枚。両方ともコスト減少により使いやすさは上がりますが、その他にも修正される項目があるので、使用する・しないに関わらずしっかり確認しておきましょう。

特に、レナスの特殊能力「ニーベルン・ヴァレスティ」はタワーカードにも攻撃が当たるようになるので注意が必要です。

まとめ

今回の「七つの大罪」コラボカードは変わり種のカードが多いので使い勝手は未知数ですが、新たな戦略が生まれることへの期待が持てます。大会やレートバトルで使用されるかの判断は現段階で難しいですが、その可能性も大いにあるでしょう。

バランス調整に関しては、レートバトルや闘技場で人気の高かったカードが下方修正され、いまいち使いどころが難しかったカードが上方修正されます。
下方修正されるカードに関しては、デッキ編成や立ち回りに多少なりともテコ入れが必要になるかと思うので、実際の使用感を確認しつつ、必要に応じてカードを入れ替えましょう。

最新記事

記事をもっと見る

ログインしてデッキを作成しよう

SoT PORTALではユーザーからのデッキ投稿を募集しています。Twitterアカウントでログインすると、デッキ投稿など様々な機能を利用できるようになります。

アカウント情報はユーザー認証に使用し自動で投稿されることはありません。
タイトル サーヴァント オブ スローンズ
(Servant of Thrones)
ジャンル リアルタイムカードバトル
対応OS iOS / Android
対応端末 iOS / Android
※一部端末を除きます
価格 無料(アイテム課金型)
公式サイト