サーヴァント オブ スローンズ(サヴァスロ)

【サヴァスロ攻略】初心者必見!ルーキー帯のカード対策を紹介。効率良く使い魔を処理して勝利を目指そう!

『サーヴァント オブ スローンズ(SERVANT of THRONES)』にて、6月27日(水)より「コードギアス 反逆のルルーシュ」とのコラボが開催中!今回は、コラボで始めた初心者の方向けに、レートバトルのルーキー帯でよく見るカードを対策と併せて紹介します。

2018/07/17 12:45

ルーキー帯でよく見るカードを対策と併せて紹介!

『サーヴァント オブ スローンズ(SERVANT of THRONES)』にて、6月27日(水)より「コードギアス 反逆のルルーシュ」とのコラボが開催中です。
そこで今回は、この「コードギアス」コラボから『サヴァスロ』を始めた初心者の方向けに、レートバトルのルーキー帯でよく見るカードを対策と併せて紹介!
もちろん、前回紹介したデッキでできる対策となっていますので、ぜひ参考にしてみてください。
目次
よく見るカード
ガウェイン
ランスロット
紅蓮弐式
風魔小太郎
服部半蔵
ワーライオン
アルテミス
ラグナロク
まとめ

よく見るカード

ガウェイン

ガウェインは現環境なら使用頻度No.1といっても過言ではないカード。火力が非常に高い上に範囲攻撃なので処理が難しい印象があるかもしれませんが、攻撃間隔が長いという弱点もあります。
その弱点を突くには、まず、砦の攻撃が当たる位置まで引きつけましょう。その後、ガウェインの攻撃対象になりつつ川に入る位置にワーライオンのような高HPの使い魔を召喚。攻撃間隔が長いので、高HPの使い魔を攻撃対象としている間に、後ろからハーピーロビン・フッドなどで攻撃すれば、砦への攻撃はされずにガウェインをスムーズに処理できます。

他にも単純に力のぶつかり合いでこちらもガウェインを召喚して対抗するのもおすすめです。その際も、砦の攻撃は当てつつ、砦は攻撃されないように相手のガウェインのサイドに召喚するようにしましょう。

ランスロット

ランスロットの使用頻度はあまり高くないかもしれないが、出てくる可能性は十分あるので対策を紹介します。
まず、ランスロットの召喚が砦や本拠地への奇襲だった場合は、MEブーストが終わったタイミングで使い魔を召喚して砦に攻撃されないようにするというのが基本です。この際に召喚するのは地上使い魔が望ましいですが、群れでも単体でも問題はありません。
ただし、雷系のスペルを構えていることも考えられるので、無難なのはトリシューラワーライオンといったところになるでしょう。

また、砦が通常攻撃による一撃を受けた後でも、間へ割り込むように使い魔を召喚すればターゲットがその使い魔に移行するので、対処が間に合わなかった場合でも慌てずに処理を狙いましょう。
他にも、ランスロットの近くに地上使い魔を召喚した後、迅雷を使用すれば確実にターゲットを移せるので、試して見てくださいね。

紅蓮弐式

紅蓮弐式も使用頻度は高くないかもしれませんが、出てくる可能性は十分にあるので紹介します。
紅蓮弐式を最もスムーズに処理できる方法は、群れ使い魔を使用すること。紅蓮弐式は最初の攻撃までの時間が長いので、まともに仕事をさせないまま処理することができます。

困るのは、ガウェインと一緒に進軍してくる場合。この場合は、ガウェインの対策で紹介したように、ワーライオンのような高HP使い魔を召喚するのがおすすめ。両者のターゲットはワーライオンに移るので、その間に、ハーピーロビン・フッド、砦などの攻撃で両者の撃破を狙いましょう。
なお、紅蓮弐式の攻撃タイミングで迅雷を使用すれば、かなりの時間延命できるので、より安全にダメージを与えることができます。

風魔小太郎

風魔小太郎は分身と高速攻撃が特徴的な使い魔ですが、HPが低い弱点があります。マナ差で損をすることはないので、召喚を確認したら早めに轟雷で処理するのがおすすめです。
もしくはギリギリまで引きつけて、きっちり並んでいるところにガウェインを召喚し、まとめて処理するのも良いですね。

服部半蔵

分身、高速移動、高速攻撃が持ち味の服部半蔵は、轟雷が有効なのは風魔小太郎と同じですが、大抵の場合それだけでは処理できません。自陣近くまで引きつけてから轟雷を使用し、砦のターゲットが本体に向くようにしましょう。
処理が間に合わなそうなら群れ使い魔や高HPの使い魔で攻撃を引きつけるのも良いでしょう。

他にも範囲攻撃で分身を定期的に倒しつつ、ワーライオンで処理を狙うのもおすすめです。

ワーライオン

ワーライオンは主に防衛で使われるカード。HPが高い単体攻撃の使い魔なので、群れ使い魔ですばやく処理するのが理想です。他にも、自陣に引きつけてからこちらもワーライオンを召喚して処理を狙うのも良いでしょう。
いずれにせよ、HPが高い割にコストが低いので、あまり手数をかけずに倒せるようにしたいところです。

アルテミス

遠距離からの範囲攻撃でこちらの群れ使い魔を封じるアルテミス。対策としておすすめなのは、先に轟雷で処理する方法です。マナ差で不利にはなりますが、相手の厄介な手を先に無くすことで、この先を戦いやすくできます。

もしくは、ワーライオンのような高HPかつコストの低い使い魔を、アルテミス付近や攻撃範囲に召喚する方法。アルテミスの攻撃力は高くないので、HPが高い使い魔なら耐えながら処理を狙えます。

ラグナロク

圧倒的な破壊力を持つラグラロクはやはり脅威ですが、処理の仕方を覚えれば難なく対処できます。1番に覚えておきたいのは自陣まで引きつけて槍ブラウニーハーピーのような群れ使い魔で処理すること。
相手陣地のラグラロクを処理するのは難しいので、無理に処理や攻撃にいくのはやめておきましょう。

逆に“もう1回攻撃したい!”という場合は雷系のスペルを使いましょう。ラグラロクの攻撃である熱線は浴びせ続けると威力が上昇していくといったものですが、雷系のスペルを使えばリセットすることができます。0.5〜1秒の麻痺も発生するので、使い魔によってはもう1回攻撃する時間は稼げるはずです。

まとめ

今回紹介したように、よく使用される使い魔は長所もありますが、弱点とも呼べるものも存在しています。その弱点をいかに効率良く突くかというのが重要なので、今回紹介したような方法以外でも思いついたものがあったらどんどん試していきましょう。

また、対戦相手やサヴァスロチャンネルの立ち回りを参考にするのもおすすめです。自分がやられて嫌だったことや反省すべき点が見えてきますし、上手い人のプレイングを見れば新たな発見があるかもしれません。とにかく、セオリーはありますが“そうしなければならない”という訳ではないので、今回の記事はもちろん、様々な動画を参考にしつつ、自分なりの戦い方を探してみてくださいね。

最新記事

記事をもっと見る

ログインしてデッキを作成しよう

SoT PORTALではユーザーからのデッキ投稿を募集しています。Twitterアカウントでログインすると、デッキ投稿など様々な機能を利用できるようになります。

アカウント情報はユーザー認証に使用し自動で投稿されることはありません。
タイトル サーヴァント オブ スローンズ
(Servant of Thrones)
ジャンル リアルタイムカードバトル
対応OS iOS / Android
対応端末 iOS / Android
※一部端末を除きます
価格 無料(アイテム課金型)
公式サイト