サーヴァント オブ スローンズ(サヴァスロ)

【サヴァスロ攻略】5月16日(水)に追加されるカードの性能や予想される運用方法を紹介!

『サーヴァント オブ スローンズ(SERVANT of THRONES)』にて、5月16日(水)に新カードの「風魔小太郎」「服部半蔵」「ファイアドラゴン」「ペルセポネ」「ガイア」「モルガン」が追加!今回も新カードの性能や予想される運用方法を紹介します。

2018/05/15 21:03
※本記事はSoT PORTAL編集部の独自の見解であり、『サーヴァント オブ スローンズ(SERVANT of THRONES)』開発チームの公式見解をお伝えしているものではありません。

新カードの性能や予想される運用方法を紹介!

『サーヴァント オブ スローンズ(SERVANT of THRONES)』にて、5月16日(水)に新たなカードが追加されます。
そこで今回は、新カードの風魔小太郎服部半蔵ファイアドラゴンペルセポネガイアモルガン性能や予想される運用方法などを解説します。
目次
風魔小太郎
服部半蔵
ファイアドラゴン
ペルセポネ
ガイア
モルガン

【風魔小太郎】4人の分身と遠距離攻撃を繰り出す!

風魔小太郎の性能

風魔小太郎自身の分身(最大4人まで)を作り進軍する使い魔。イメージとしてはダークアリスソロモンなどの使い魔を召喚するタイプに近いでしょう。ただし、分身はHPこそ1ですが、その他のステータスは本体と全く同じといった特徴を持ちます。
本体・分身ともに遠距離から空中・地上にバランスよく攻撃できるので、使い魔のスムーズな処理ができそうです。

また、攻めに転じた際も分身を盾にしつつ進軍できるので、本体へのダメージを軽減しつつ遠距離から砦・本拠地にダメージを与えてくれるでしょう。

風魔小太郎の予想される運用方法

風魔小太郎は分身を利用することで攻防両面で活躍できそうな使い魔です。特に分身を含めた総合火力は高いので、高HPの使い魔や砦・本拠地へのダメージ源としても期待できます。
とはいえ、風魔小太郎は本体のHPも低く、範囲攻撃ですぐに処理されてしまう場面も多くなりそうです。そのため、単独行動よりは他の使い魔が進軍しやすいように“露払い役”をメインにこなすと良いでしょう。

【服部半蔵】4人の分身とともにすばやく近接攻撃!

服部半蔵の性能

服部半蔵風魔小太郎と同じく、自身の分身(最大4人まで)を作り進軍する使い魔。攻撃は近接で対象は地上のみですが、ステータス面では風魔小太郎よりも高くなっています。
マナコストは5と重めですが、移動・攻撃速度が非常に優秀なので、使い魔のすばやい処理や終盤の押し込みたい場面で大きな仕事を果たしてくれるでしょう。

服部半蔵の予想される運用方法

服部半蔵風魔小太郎より全体のステータスが高いので、単独でも粘り強く戦えるでしょう。また、コストが5とやや重めで空中への対策もありませんが、分身があることで壁役のような仕事もできそうです。
逆に、HPが高いイージスギガスなどと同時に使用すれば、分身を維持しつつ進軍するといった動きもできるでしょう。

【ファイアドラゴン】地上を移動しながら範囲攻撃を繰り出す地上版バハムート!

ファイアドラゴンの性能

ファイアドラゴンは、地上を移動しながら縦方向に範囲攻撃を繰り出す使い魔。地上・空中が攻撃範囲で射程が長いので、離れた位置からほとんどの使い魔に先制攻撃を仕掛けることができるでしょう
また、射程の長さにより、橋を渡り終えたあたりから砦に攻撃できます。範囲攻撃なので砦や直線上の使い魔などをターゲットにするだけで確実な戦果を挙げてくれそうです。

ファイアドラゴンの予想される運用方法

ファイアドラゴンは前述した特徴を踏まえると、地上版バハムートのような性能になっています。地上だとターゲットにされやすいので、“相手を引きつけつつ攻撃する”といった反撃の起点にしやすいでしょう。

【ペルセポネ】建物を標的に空中を移動!一撃の威力が桁違いの高火力使い魔!

ペルセポネの性能

ペルセポネは、アフロディーテと同じく建物をターゲットにする空中使い魔で、非常に高火力な一撃を繰り出すのが特徴。処理役として優秀なワーライオントリシューラなどからの攻撃は受けないので、場合によっては相手に普段とは違った対応を強いることができるかもしれません。

ペルセポネの予想される運用方法

超高火力なペルセポネですが、移動速度や耐久力は高い方ではないので、いかにして一撃を入れるかが非常に重要です。
フィートのロードスペル「ノーブル・シュバルリー」でバリアを張ったり、トレイシーのロードスペル「フローズン・コール」や迅雷轟雷などで相手からの攻撃を止めるなどすれば、高確率でダメージを通せるでしょう。

【ガイア】ノックバック効果付きの縦範囲攻撃で道を切り開く!初の8マナカード!

ガイアの性能

ガイアは『サヴァスロ』初の8マナカードで、高いHPと縦方向の範囲攻撃が特徴の使い魔。自身の移動速度は遅いですが、攻撃にノックバック効果があるので、敵使い魔を処理したり後退させながら進軍できそうです。攻撃のイメージとしては、射程こそ異なるものの破滅の炎柱に近いものがあるでしょう。

ガイアの予想される運用方法

ガイアは、移動タイプと攻撃対象が地上なので、幅広く対応するタイプではありませんが、敵の強力な地上使い魔の進軍を遅らせることができるといった強みを持ちます。ノックバック効果はカウンターとして有効そうなので、一方的に攻撃して敵を処理しつつ、敵陣まで攻め込むことができるかもしれません。
また、HPも高めなので、攻撃を受ける壁役の適性も感じさせます。

【モルガン】敵からの干渉で行動開始!カウンターに便利な高性能使い魔!

モルガンの性能

モルガンは、相手からの干渉により行動を開始する特殊能力「睡眠」を持つ使い魔。自発的に動けず、相手からの攻撃やスペルの対象にならないと行動を開始しません
デメリットが目立つ「睡眠」ですが、その分モルガン自身のステータスが全体的に高水準でまとまっています
地上使い魔のみに近接単体攻撃をするので幅広く対応できるわけではありませんが、強力な地上使い魔が多い現環境ではカウンター役として活躍が期待できそうです。

モルガンの予想される運用方法

モルガンは相手から干渉を受けないと行動できないので、1番多くなる使い道はカウンター役でしょう。進軍してきた使い魔から攻撃受ければ即座に行動開始。毎秒ダメージの多さからすばやい反撃が可能なので、簡単に使い魔を処理できそうです

また、敵砦を1つ破壊した状態なら敵陣に配置して、確実に行動を開始することもできるでしょう。もう1つの砦や本拠地の破壊を狙う際には、急襲要員として考えるのも良さそうですね。

5月16日(水)実装カード まとめ

今回は実装されるカードが6枚と多めで、その全てが使い魔です。各カード特徴が個性的で強力そうなので、採用される場面も多く見られるでしょう。

また、オンライン予選が開催中の「RAGE」でもオフライン予選からは使用可能となるようです。使用頻度がどうなるかは今後わかってくると思いますが、オフライン予選が開催される6月2日(土)・6月9日(日)にまでには、性能・使い勝手・対策などをしっかり把握しておきたいですね。

最新記事

記事をもっと見る

ログインしてデッキを作成しよう

SoT PORTALではユーザーからのデッキ投稿を募集しています。Twitterアカウントでログインすると、デッキ投稿など様々な機能を利用できるようになります。

アカウント情報はユーザー認証に使用し自動で投稿されることはありません。
タイトル サーヴァント オブ スローンズ
(Servant of Thrones)
ジャンル リアルタイムカードバトル
対応OS iOS / Android
対応端末 iOS / Android
※一部端末を除きます
価格 無料(アイテム課金型)
公式サイト