サーヴァント オブ スローンズ(サヴァスロ)

【サヴァスロ攻略】2Bの性能評価・使い方とデッキ編成例を紹介。ニーアコラボのヨルハ二号B型を使いこなしてデッキを強化しよう!

『サーヴァント オブ スローンズ(SERVANT of THRONES)』にて、「NieR:Automata」とのコラボイベントで登場した2Bの性能を評価。使い方や特徴、デッキ編成例をご紹介します。

2018/03/13 15:25

2Bの性能評価・使い方とデッキ編成例を紹介

『サーヴァント オブ スローンズ(SERVANT of THRONES)』にて「NieR:Automata」とのコラボイベント「繰リ返ス人形達ノ戦火」が開催中です。
ニュースはこちら

そこで、今回はイベント中期間限定で排出されるカードである2Bの性能を評価。使い方や特徴、デッキ編成例をご紹介します。
目次
性能・使い方
ポッドについて
他のカードとの比較
デッキ例
使い方
まとめ

2Bの性能・使い方

基本情報

2Bは、召喚時にポッドとセットで出現する地上使い魔カード。2B本体は地上の敵にのみ範囲攻撃を行う使い魔群れ使い魔に有効です。対してポッドは地上/空中の両方に範囲攻撃が可能なので、2Bとポッドのコンビネーションで生まれる火力・攻撃間隔で多くの敵を殲滅することができます。
また、移動速度が速く瞬時に相手の陣地へと進軍することができるので、奇襲やカウンターとして相手の建物を狙うことも可能です。2Bの進軍に対して相手が空中使い魔を召喚してきた場合は、2Bが攻撃対象を引き付けながら建物を攻撃している間にポッドが一方的に空中使い魔へ攻撃することもあるので、時にはバラバラで行動することもあります。

このことから、相手の群れ使い魔への対策が主な使い方になりますが、奇襲やカウンターを仕掛けて相手の建物を瞬時に攻撃する役割も担える非常に万能なカードです。

しかしながら、マナコストが低いとはいえないカードであり、HPの高いワーライオンや攻撃力の高いトリシューラなどとの1枚vs1枚の状況下では勝利することが難しいので、他のカードと組み合わせて使っていくなどの工夫を心がけましょう。

ポッドについて

ポッドは上記でも説明した通り、地上/空中に範囲攻撃ができるものです。基本的に2Bの後ろで長距離射程に入った敵にレーザーで自動攻撃を開始するので、敵との距離が離れていても援護してくれます。また、レーザーは敵のいる前方直線上にのみ攻撃できるものですが、2Bが自身を中心に周囲の敵に攻撃できるので、ポッドの死角を補えるようになっています。
さらには、レーザーのほうが2Bの射程よりも長いので、相手の建物付近で壁となる地上使い魔を配置された場合、2Bの攻撃は地上使い魔に集中しますがポッドの攻撃は相手越しに建物へ届くこともあります。

なお、2BとポッドのHPはそれぞれ別となっており、2Bが先に倒されるとポッドも消滅しますが、当然ポッドが先に倒される場合もあります(ポッドが先に倒されても2Bは消滅しません)。

他のカードとの比較

2Bの性能に近いカードとなれば、地上使い魔にのみ範囲攻撃するママリリが上げられます。
比べてみると、ママリリはHP・攻撃力などの基本ステータスが高く2B本体は攻撃間隔や移動速度が上回っている性能差であり、マナコストはママリリが4に対して2Bは5なので、マナコスト+1でポッドが付いてくるイメージになるでしょう。

似ているところが多く他の使い魔との組み合わせが基本になりますが、2Bは移動速度が速い上に、地上/空中に攻撃できることから単体でも脅威になりえる場合があるので、編成する際はデッキコンセプトによって変わってくると言えそうです。

また、2Bの移動速度を生かした役割や地上使い魔にのみ範囲攻撃ができるカードとして似ているのがオーディンです。
攻撃力やHP、射程に関してはオーディンが遥かに勝っており、飛越の特殊能力で川を飛び越えることができるので、相手の建物を瞬時に破壊する目的としてフィートのデッキには欠かせない存在になっています。
上記でも紹介しましたが、2B相手の建物を瞬時に破壊する目的として役立つ上に、空中使い魔にも攻撃できる点においては上手く差別化できるカードといえますし、どちらも相手の地上使い魔やタワーに捕まってしまうリスクは同じなので、使い方の目的としては似ていると言えるでしょう。

2Bを使ったデッキ例

壁となるイージスと範囲攻撃の2Bを組み合わせた固い守りで砦の破壊を狙う、攻守に万能な安定デッキ。

使い方

壁+範囲攻撃の布陣でゴリ押し
イージスを起点に、2Bを組み合わせて群れ使い魔を処理しながら進軍していきます。
基本的に、相手の空中使い魔に対してはラグナロクアルテミス槍ブラウニーで対応しますが、2Bのポッドも空中使い魔に攻撃できるのであせらず進めていきましょう。
相性の良いカードで守りも徹底!
攻めの起点になるイージス2Bに関しては、守る際の対抗策としても優秀なカードです。相性が良ければスムーズに処理できますし、守りからカウンターに繋げることも容易なので、しっかり相手の出方を伺っておきましょう。
また、攻めの布陣は決まっているので、対策カードとして優秀なワーライオントリシューラなどを編成して守りに安定感を加えていくと良いですね。

2Bまとめ

今回、「NieR:Automata」とのコラボイベントで登場した3体の中で、最もわかりやすい性能かつ使いやすいカードです。2Bの使い方次第ではデッキの軸やサポートとしても幅広く活躍できるので、手に入れた人はなるべくレベルを上げていくのがおすすめです。

最新記事

記事をもっと見る

ログインしてデッキを作成しよう

SoT PORTALではユーザーからのデッキ投稿を募集しています。Twitterアカウントでログインすると、デッキ投稿など様々な機能を利用できるようになります。

アカウント情報はユーザー認証に使用し自動で投稿されることはありません。
タイトル サーヴァント オブ スローンズ
(Servant of Thrones)
ジャンル リアルタイムカードバトル
対応OS iOS / Android
対応端末 iOS / Android
※一部端末を除きます
価格 無料(アイテム課金型)
公式サイト