サーヴァント オブ スローンズ(サヴァスロ)

【サヴァスロ攻略】対戦のルール・マップの見方などバトルの基本を解説。ゲームを始めたばかりの初心者ロード必見の内容をお届け!

『サーヴァント オブ スローンズ(SERVANT of THRONES)』の対戦ルールやカードの使い方、マップの見方などバトルの基本を解説します。川や砦の扱いなど曖昧になりやすいところも紹介しているので、ルールの確認や攻略の参考にしてみてください。

2018/01/24 16:40

サヴァスロの対戦ルールやカードの使い方、マップの見方を解説

『サーヴァント オブ スローンズ(SERVANT of THRONES)』を始めたばかりの初心者向け攻略情報をお届けします。

今回は、対戦ルールやカードの使い方、マップの見方などバトルの基本を解説!川や砦の扱いなど曖昧になりやすいところも紹介しているので、ルールの確認や攻略の参考にしてみてください。
目次
対戦のルール・勝利条件
カードとロードスペルの使い方について
マップの特徴
まとめ

対戦のルール・勝利条件

本作は、時間経過で溜まっていくマナを消費してカードを使い、相手より先に敵の本拠地や砦の破壊を目指すリアルタイムカードゲームです。
制限時間3分(経過時点で引き分けていた場合延長戦に突入)の対戦時間の中で、以下の勝利条件達成を目指しましょう。

対人戦での勝利条件

対人戦では本拠地を破壊するか、制限時間内で多く砦を破壊していた方の勝利となります。
砦1つでも多く破壊できていれば勝利できるので、攻めることと同じく守りも重要となるでしょう。
制限時間経過時点でどちらの本拠地も破壊されておらず砦の破壊数が同じであった場合は、延長戦サドンデスモードに突入(延長時間は対戦ルールによって変わります)。

サドンデスモードでは、本拠地か砦1つを先に破壊した方が即座に勝利します。

クエストでの勝利条件

クエストでの勝利条件は、相手の本拠地を破壊することのみです。
どちらの本拠地も残ったまま3分が経過した場合は1分の延長戦となり、それでも敵の本拠地を破壊できなかった場合は敗北・クエスト失敗となります。

とはいえ、砦を破壊せずに本拠地だけを破壊するのは非常に困難です。勝利条件にはなりませんが、少なくとも片方の砦は破壊する必要があるでしょう。

カードとロードスペルの使い方について

マナを溜めてカードを使おう

カードを使うためには、それぞれ定められたマナ(使用コスト)を支払う必要があります
なお、カードを使用するためにはドラッグして使用する場所を指定しなければいけませんが、一度使用したカードはその後操作をしたり指令を出す必要はありません。

また、本作では“手番やターン“といった概念はありませんので、時間経過によってマナが溜まり次第自由に何枚でもカードを使用可能です。相手の出方を窺ってマナを溜めておくも良し、複数のカードを連続使用したりマナの大きいカードを使って一気に攻め込むも良し。使い方は自由です。

ただしマナは最大で10までしか溜められず、それ以上は溢れてしまいます。
また、マナを一気に使い切ってしまえばそれだけ溜めなおす時間がかかることにも注意しましょう。マナの使い方やペース配分も戦略のうちです。

▼関連記事
バトルのコツ(超基本)
終盤はマナブーストで一気に展開が加速
対戦の残り時間が1分を切ると、2倍の速度でマナがたまるマナブースト状態になります。
敵味方ともに試合展開が加速し一気に戦況が傾くこともあるので、一層集中して挑みましょう。

手札(使用可能なカード)について

対戦ではデッキに入れた8枚のうち、常に4枚のカードが手札として使用可能になっています。
なお、手札は1枚使うごとにすぐ次が補充されていき、なくなることはありません。

また、左下の「NEXT▶︎」には次に補充されるカードが表示されています。わざとコストの低いカードを使って次のカードを手札に呼び込んでおくなど、情報を有効活用して戦略を組み立てましょう。

▼関連記事
デッキ構築のコツはこちら

ロードスペルについて

ロードスペルとは、常に手札にあってマナを支払うことで発動できる各ロード専用の特別な魔法です。
手札の状況と関係なくいつでも何度でも発動できますが、再使用までには一定の時間が必要となります。

またコストや効果はロードによって違いますので、デッキ作成時に確認しておきましょう。

マップの特徴

本拠地と砦

本拠地と砦は勝敗の条件であると同時に、近づく敵を攻撃する防衛システム。どちらもHPと攻撃性能があり、プレイヤーレベルを上昇させることで強くなります
砦は範囲に入った敵を狙い遠距離攻撃をします
概ね真ん中にある橋を超えたあたりが砦の射程圏です(上画像参照)。特に、自陣にある砦の攻撃を使って防衛するときはこの距離まで引きつけましょう。

また、2つの砦は攻撃範囲が重なる部分もあります。
橋を使わず中央付近に使い魔を進軍させるときは注意しましょう。
本拠地
本拠地は最初は攻撃しませんが、砦が破壊されるか本拠地がダメージを受けると攻撃を開始します。砦より射程圏が広いですが若干範囲が違うので(上画像参照)、ある程度引きつけないと当たりません。
また、本拠地は位置によって城門城壁に分かれており、攻撃ダメージの通り方に差があります。

砦のすぐ後ろにある城壁は攻めやすい代わりにダメージを与えにくいですが、ダメージを与えやすい城門へ攻め込むためには砦を両方破壊しないと難しいでしょう。

陣地と川・橋

マップの真ん中には川が流れており、ここを通過する場合多くの使い魔は移動スピードが低下します。
砦からも距離があるため多くの場合川を通過することにあまりメリットはありませんが、使い魔によっては飛び越えてショートカットしたり潜水することで敵に気づかれず一方的に攻撃できるものなどいますので、使い魔ごとの特徴を把握しておきましょう。また、空中使い魔も移動速度を落とさず通過できます。

また川より奥が敵陣、手前が自陣となり、それぞれ自分の使い魔やタワーを配置できる範囲です(詳しくは下記参照)。
カードを使える位置について
最初は橋のすぐ手前の位置が使い魔やタワーを召喚可能な位置です(魔法には制限がありません)。

しかし、砦が破壊されることで召喚可能位置が拡大上画像右の範囲)。川を越えて、より敵陣に近い位置へ召喚できるようになります。

まずは基本的なルールをはっきりと把握しておこう!

対戦ではマナを消費してカードを使い、相手の砦と本拠地を破壊することを目指します。
カードには様々な種類があり戦術は多彩ですが、マップにある川や砦は対戦相手と必ず共通のものです。

まずは、カードの性能や戦術を覚えるより前に、対戦のルールやマップの仕様をはっきりと把握しておきましょう。

最新記事

記事をもっと見る

ログインしてデッキを作成しよう

SoT PORTALではユーザーからのデッキ投稿を募集しています。Twitterアカウントでログインすると、デッキ投稿など様々な機能を利用できるようになります。

アカウント情報はユーザー認証に使用し自動で投稿されることはありません。
タイトル サーヴァント オブ スローンズ
(Servant of Thrones)
ジャンル リアルタイムカードバトル
対応OS iOS / Android
対応端末 iOS / Android
※一部端末を除きます
価格 無料(アイテム課金型)
公式サイト